【巨人】亀井善行コーチ、宮井勝成さんから「ヒットよりホームラン打て」偲ぶ会で明かす

スポーツ報知
宮井勝成さんを偲ぶ会に出席した亀井善行コーチ(カメラ・池内 雅彦)

 早実、中大の監督として全国制覇を果たし、2020年8月7日に94歳で亡くなった宮井勝成さんを偲ぶ会が15日、東京・品川プリンスホテルで行われた。

 早実時代の教え子、ソフトバンク・王貞治球団会長や、中大時代の教え子、ヤクルト小川淳司GM、巨人・阿部慎之助作戦兼ディフェンスチーフコーチなど約300人が訪れた。

 宮井さんは母校・早実を率い、エース・王貞治を擁して1957年のセンバツで優勝。59年から93年までは中大を指導し全日本大学野球選手権を3度制した。

 この日、会場には中大OBの巨人・亀井善行外野守備兼走塁コーチも訪れた。大学時代は総監督が宮井さんだった。「一番覚えているのは『ヒットよりホームラン打て』みたいな言葉」だという。

 昨年限りで現役引退し、今年から指導者となる。「指導する上で細かすぎるのはダメだなと。宮井さんが僕に対してそうだったように。宮井さんは細かい指導はなかったので。分かりやすい一言、重い一言をぶつければ選手も考えるだろうし、そういうのも必要なことかなと思います」と“宮井イズム”をコーチングにいかしていく。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請