【高校野球】 「打倒・大阪桐蔭」強い気持ちでセンバツを見据える東海大相模

スポーツ報知
センバツへの思いを語る、元巨人の東海大相模・原俊介監督

 昨春のセンバツ覇者の東海大相模(神奈川)が15日、神奈川・相模原市の同校グラウンドで練習を公開した。

 昨秋の関東大会は8強止まり。センバツの選考では、関東・東京の6校目を争う状況にある。元巨人捕手の原俊介監督(44)は「選んでいただくしかないのですが、選手は甲子園でやるというイメージの中で、ずっと練習しています」と話した。

 昨年も「6校目」の選出で頂点まで駆け上がった。「(甲子園が)あるとしか思っていませんし、優勝しか見ていません」と真っすぐに前を見つめた松山拓馬主将(2年)は、強いモチベーションの背景に昨秋の明治神宮大会の覇者・大阪桐蔭の存在があることを明かした。

 昨年末あたりから「打倒・大阪桐蔭」が選手の共通認識として定着し、練習の雰囲気から変わってきたという。「練習中に、大阪桐蔭の主力選手の名前も結構出ます。前までは自分たちだけで完結していたのが、絶対に大阪桐蔭より強く、うまくと意識するようになりました」と松山。甲子園の舞台で昨秋のチャンピオンに挑戦する権利を得られるかどうかは、28日の選考委員会で決まる。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請