里見香奈女流名人と伊藤沙恵女流三段が箱根神社でパワー注入! 16日に女流名人戦第1局

スポーツ報知
箱根神社を訪れた里見香奈女流名人(右)と挑戦者の伊藤沙恵女流三段

 将棋の「第48期岡田美術館杯女流名人戦」(報知新聞社・日本将棋連盟主催)五番勝負が16日、神奈川県箱根町の「岡田美術館 開化亭」で開幕する。

 里見香奈女流名人(29)=女流王座、女流王位、女流王将、倉敷藤花=と、挑戦者の伊藤沙恵女流三段(28)は15日に現地入り。開化亭の庭にある池が氷を張る寒さの中、暖房の調整やライトの加減など、対局場の検分を入念に行った。

 取材撮影では、芦ノ湖を望む関東屈指のパワースポット・箱根神社を参拝した。両者とも訪れるのは初めて。里見は「箱根に来ると五番勝負が始まるんだなと実感します。自然に触れることができて、すごくリラックスできました」と笑顔。前人未到の13連覇を目指すが「結果は大事ですが、短期間でより多く得るものがあれば」と話した。

 一方の伊藤は3期ぶり3度目の女流名人挑戦で悲願の初戴冠を狙う。湖畔の水中鳥居から広がる光景に「天気が良くて、きれいでした。水面が輝いていた」と心もクリアに。「ふわふわして落ち着かない面もありますが、精神的にはいい感じで来ています」と先制へ、静かに闘志を燃やした。

 なお、第1局の有観客の大盤解説会は昨年に続いて中止。当日、YouTubeでオンライン解説を生配信する(午後1時30分~)。解説は木村一基九段(48)、聞き手は貞升南女流二段(35)、山根ことみ女流二段(23)が務める。

将棋・囲碁

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請