【中日】大島洋平が感じた根尾と藤原のライバル関係「スイッチ入って張り切り出した」

スポーツ報知
ティー打撃をする大島洋平

 中日・大島洋平外野手、高橋周平内野手、根尾昂内野手、ロッテ・藤原恭大外野手らが15日、大阪・貝塚市の日本生命グラウンドで自主トレを公開した。ベテランで自主トレのリーダー役を務める大島は大阪桐蔭高の同級生の根尾と藤原の負けず嫌いの一面を紹介。「(根尾は)体力ありますね。やっぱり同じ大阪桐蔭の藤原君がいるだけあって、2人でライバル視じゃないですけど、やっていますよ」と明かした。

 食事中に藤原が根尾に対して「高校の時はもっと意識が高かったよな」とトレーニングに取り組む姿勢について指摘したという。すると、翌日から根尾が発奮するように、さらに練習に熱を入れ始めた。「次の日からスイッチ入って張り切り出しちゃった。いい傾向かと思います」と刺激し合う若武者たちに目を細めた。

 根尾は今季、外野一本で勝負するため、大島にとってはポジションをおびやかされる存在となる。「野球は打つだけじゃ駄目だし、どちらかと言うと、根尾は肩が売りなので。そういうところもアピールして、僕を抜いてくれるぐらい頑張ってくれたらうれしい」とチームの底上げのため、根尾の台頭を望んでいた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請