横綱の孫対決は琴ノ若に軍配…大鵬を祖父に持つ王鵬を肩透かしで破る 琴ノ若の祖父は琴桜

スポーツ報知
琴ノ若が肩すかしで王鵬を破る(カメラ・今西 淳)

◆大相撲初場所7日目(14日、東京・両国国技館)

 元横綱・琴桜の孫で平幕・琴ノ若(佐渡ケ嶽)は、昭和の大横綱・大鵬の孫で新入幕・王鵬(大嶽)を肩透かしで下し、横綱の孫対決を制した。琴ノ若は5勝目(2敗)で、王鵬は2敗目(5勝)となった。

 立ち合いは琴ノ若が右を固めて踏み込むと、左がのぞいた。王鵬の圧力を止めると、最後は肩透かしで仕留め、土俵上にはわせた。強豪・埼玉栄高出身者による一番は先輩が意地を見せた。

 琴ノ若の父は師匠の佐渡ケ嶽親方(元関脇・琴ノ若)、王鵬の父は元関脇・貴闘力で、“3世代幕内”対決でもあった。父同士の対戦成績は20勝20敗と五分。祖父同士では琴櫻が横綱・大鵬に通算26回挑み、4勝22敗だった。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請