【中京10R・紅梅S】フォラブリューテが鋭く伸びて勝利 ルメール騎手「パワーアップした」

スポーツ報知
JRA

 1月15日の中京10R・紅梅S(芝1400メートル=9頭立て、リステッド)は、1番人気のフォラブリューテ(牝3歳、美浦・宮田敬介厩舎、父エピファネイア)が1馬身差の快勝で貴重な賞金加算に成功した。勝ち時計は1分21秒8(良)。

 出遅れたが、内で我慢させながら直線で外へ誘導。ピッチの利いた走りでグングン伸びると、残り50メートルでダークペイジ(3番人気)を1馬身差でとらえた。

 クリストフ・ルメール騎手は「いつも通りスタートはあまり速くなく、後ろから。直線で外に出してすごくいい脚だった。1400メートルがぴったりだけど、マイルもいける。パワーアップした」と相棒をたたえた。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請