【愛知杯】武豊が伏兵のルビーカサブランカでデビューから36年連続の重賞V「年がバレちゃいますね」

スポーツ報知
武豊騎乗のルビーカサブランカが接戦を制す

◆第59回愛知杯・G3(1月15日、中京競馬場・芝2000メートル=良)

 牝馬限定によるハンデ重賞は、武豊騎手が騎乗した7番人気のルビーカサブランカ(牝5歳、栗東・須貝尚介厩舎、父キングカメハメハ)がゴール前の接戦を制した。鞍上の武豊騎手はデビューした1987年から36年連続の重賞Vを達成するとともに、パートナーを重賞初挑戦Vに導いた。勝ち時計2分1秒0。

 際どい頭差の2着に入った3番人気のマリアエレーナ(坂井瑠星騎手)と、金子真人ホールディングスのワンツーフィニッシュ。さらに首差の3着には、後方から迫った6番人気のデゼル(川田将雅騎手)が続いた。1番人気のアンドヴァラナウト(松山弘平騎手)は11着に敗れた。

 武豊騎手(ルビーカサブランカ=1着)「(36年連続重賞初制覇は)年がバレちゃいますね(笑い)。1番枠でインを狙おうと思っていました。前走からすごく具合がいいみたいで、道中の行きっぷりが良くなった。いい手応えで直線に向いて、きれいに前が開いたので、一気に抜け出して、『我慢してくれ』と思っていました。ギリギリでしたけどね。前走から急に良くなって、ハンデも軽いので期待していました。ここにきて良くなっているので、この後が楽しみです」

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請