【オリックス】宮城大弥 エース山本に対抗心「あの人もバチバチに来ている」

スポーツ報知
自主トレを公開し、キャッチボールを行う宮城大弥

 オリックスの宮城大弥投手が15日、大阪・舞洲で自主トレを公開。昨季13勝を挙げ、パ・リーグの左腕最年少で新人王に輝いた20歳は、チームの絶対的エース・山本由伸に対抗心を燃やした。

 宮城は新人王受賞の際(2021年12月15日)、「由伸さんから1個タイトルを取れたら、ちょっとおちょくれるのでそれを狙いたい」と昨季タイトルを総なめにした先輩右腕に宣戦布告した。しかし、対する山本は11日に取材対応した際に「僕の方が2倍練習してるので、無理ですね」と早くも勝利宣言。直接は言葉を交わしていないものの宮城は「あの人(山本)もバチバチに来ている。記事とか見てると。そこはシーズンが始まってから(勝負に)乗っかっていきます」と力を込めた。

 この日はランニングやキャッチボールなど、軽めのメニューで汗を流した。昨季の13勝を超えるため、調整を続けていく。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請