レッズ・秋山翔吾が小学生とガチンコ対決、2安打で新年好発進「昨シーズンあのヒットは出ませんでしたから」

スポーツ報知
下田市制50周年記念「敷根公園少年野球教室」に参加し、笑顔のレッズ・秋山翔吾

 レッズ・秋山翔吾外野手(33)が15日、自主トレを行っている静岡・下田市で下田市制50周年記念事業「敷根公園少年野球教室」を行い、地元の小学4、5年生68人に指導した。ともに自主トレを行っている阪神・板山、女子野球の西武レディース・山崎、アメイジング・笹川も参加。約3時間、キャッチボールやティー打撃などを行った。

 野球教室の最後には各選手が小学生投手と2打席ずつのガチンコ対決。板山らは慣れない軟球の対応に苦戦して打ち取られていたが、秋山は左前安打、右前安打と貫禄の2打数2安打で、新年の“初安打”をマークした。「昨シーズンあのヒットは出ませんでしたからね…」と自虐的に話しつつも、板山らを横目に「僕だけですかね、ヒット打ったのは」と得意げだった秋山。力強いボールを投げた小学生投手を「見られている緊張感、彼らが僕ら選手に投げてくれるドキドキ感を味わってくれればいい」とねぎらっていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請