片山友希「毎朝歯をみがき中に嗚咽が」…W主演映画撮影を回顧

映画「フタリノセカイ」舞台あいさつに出席した(左から)飯塚花笑監督、片山友希、坂東龍汰
映画「フタリノセカイ」舞台あいさつに出席した(左から)飯塚花笑監督、片山友希、坂東龍汰

 女優・片山友希と俳優・坂東龍汰が15日、都内でW主演映画「フタリノセカイ」(飯塚花笑監督)の舞台あいさつに飯塚監督と出席した。

 トランスジェンダーとして葛藤する真也(坂東)と恋人・ユイ(片山)の10年間の軌跡を描いたラブストーリー。

 片山は、本作撮影を「毎朝ホテルで歯をみがいていると、嗚咽(おえつ)が止まらなかった。撮影後はそれがなくなったので、知らない間に緊張していたんだと後から気づきました」と笑いながら振り返った。

 坂東は「改めて映画ってすごいなと思い直しました。撮影前は、セクシュアルマイノリティーというものに知識があるわけじゃなかったけど、分かるということって人生にとって豊かなことだと再確認しました。映画って人生のとっておきの教科書なんだなと」と語った。

 飯塚監督は、「撮影が2年半前だったので、2人とも大人になったなと。親のように見守っています」と感慨深げ。「作品は、公開2日目で生まれたて。どんどん羽ばたいていって欲しいな」と願っていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請