J2山形、新加入のFW藤本佳希、昨年の10得点を上回るゴールを狙う…静岡県で1次キャンプスタート

練習メニューの「鬼ごっこ」中に笑顔を見せたJ2山形の藤本(左から2人目)
練習メニューの「鬼ごっこ」中に笑顔を見せたJ2山形の藤本(左から2人目)

 J2モンテディオ山形は14日、静岡県御前崎市での1次キャンプ(29日まで)をスタートさせた。新加入のFW藤本佳希(27)は、昨季J2愛媛でマークした自己最多の10得点を上回るゴールを目指すことを誓った。

 新加入のFW藤本にとって、山形の一員として初めて迎えるキャンプ。練習中に見せる笑顔からも充実感が伝わってきた。18年夏から昨季まで在籍したJ2愛媛は春季キャンプを実施せず。J2岡山時代の18年以来、自身4年ぶりとなるキャンプの初日を終え「ゼロからのスタートという気持ち。少しでもみんなに認めてもらえるように、いろんなことを吸収したい」と気持ちを高ぶらせた。

 178センチ、78キロ。昨季まではJ2愛媛の背番号「10」を背負ってプレー。チームが20位に沈みJ3に降格した中で、確かな輝きを放った。チーム総得点が38点と得点力不足にあえぐ中、チーム&自己最多の10得点と気を吐いた。

 新天地でも攻撃の中心になり得る存在だ。鍛え上げた肉体を生かし、ポストプレーでは起点になれる。長身DFに競り勝てるほどの跳躍力もあり、ヘディングも武器だ。昨季は67本のシュートを放って10ゴール。「シュート決定率」は14・9%と、決定力もある。

 「目標はないのが本音ですが『昨年の数字(10得点)は超えたい』というのはある。それが自分自身で成長できたと思える、一つの指標にはなるかな」と静かに決意を語った。藤本が数字でも成長を実感できれば、山形のJ1復帰も大きく近づく。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請