元ガンバ監督・宮本恒靖氏、生放送で関東第一の出場辞退を聞かれ「最後まで出場の可能性を探る」

スポーツ報知
日本テレビ

 元サッカー日本代表で元ガンバ大阪監督の宮本恒靖氏が15日、日本テレビ系「ウェークアップ」(土曜・午前8時)でコメンテーターとして初めて生出演した。

 番組では、新型コロナウイルスの感染拡大下で社会インフラの維持を議論。その中で宮本氏は、出演者から全国高校サッカー選手権で関東第一が、新型コロナ陽性者が確認されて準決勝を辞退したことへの見解を聞かれ「高校サッカーを取り上げていうと、最後まで出場の可能性を探る。抗原検査を受けさせる、直前で。陰性であれば出場させることができれば、選手たちがいきなり出場の機会を奪われる、やるせなさは軽減できたんではないかなと思うので」とコメントした。

 その上で今後のコロナ禍での社会インフラ維持に「可能性というか柔軟性をもってやっていくことがキーワードになっていくのかなと思います」と指摘していた。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請