菅田将暉、韓国映画やエンタメとの差を「僕らは悔しがらなきゃいけない」使命感と責任感の強い素顔…インタビュー

インタビューに応じた菅田将暉(カメラ・矢口 亨)
インタビューに応じた菅田将暉(カメラ・矢口 亨)
腕を組み笑顔を見せる菅田将暉(カメラ・矢口 亨)
腕を組み笑顔を見せる菅田将暉(カメラ・矢口 亨)

 俳優の菅田将暉(28)がフジテレビ系ドラマ「ミステリと言う勿(なか)れ」(月曜・後9時)で主演を務めている。俳優デビュー14年目、ドラマや映画と話題作の出演が続き、国民的俳優への道を突き進んでいる。次代を担う若手の筆頭として「日本の作品を世界に見てほしい」と胸にある熱い思いや覚悟を語った。(奥津 友希乃)

 インタビュー会場に現れた菅田は、記者やカメラマン一人一人の名前を確認しながら席に着き、「よろしくお願いします。おいくつですか」と逆質問からスタート。多忙を極める売れっ子俳優だが、どんな仕事や相手にも真摯(しんし)に向き合う姿勢が垣間見えた。

 シリアスからコメディーまで、幅広い役柄を変幻自在にこなす、若手きっての演技派。大人気漫画が原作の「ミステリ―」では、天然パーマがトレードマークの大学生・久能整(くのう・ととのう)を好演している。地毛にパーマをかけ“もふもふヘア”を忠実に再現し「個人的にやってみたい髪形だったので、一石二鳥で得したなって感じでした」と笑みをこぼす。

 久能は、豊富な豆知識を持ち、淡々と自身の見解を述べて難事件を解決する役柄。これまで演じた役の中でも難役だったといい、「正直、自信がないところもあります」と話すほど。

 畳みかけるような口調で、膨大なセリフ量に挑んでいる。「シンプルに脳のキャパオーバーでした。これまで肉体を追い込んだ役も、精神を追い詰める役もやってきた。でも、(久能)整君は本当に脳みそとの闘いでした」と苦労を明かす。

 漫画好きという菅田は、原作のキャラクターやストーリーに魅了され、役作りに熱がこもった。原作者の田村由美氏と話し合いを重ね、撮影の合間には漫画を読み返し、吹き出しの外のセリフや描写も役に取り入れた。

 「整君が話す言葉で物語が進むのですが、言うこと全部が正解みたいになってしまうと、なんだか神様っぽくなっちゃうんですよね。説教くさくならないようなあんばいが本当に難しかったです」

 個性的な役だが“A型で魚座”など共通点が多く、「僕も豆知識やカレーが大好き。考え方も共感できる」とする一方で、「演じる上でのやりやすさとは、あんまり関係ないかも」と語る。

 「例えば、(昨年公開の映画)『花束みたいな恋をした』は、実を言うと役に全く共感できなかったんです。でも、これだけみんなが自然だったとか、面白かったと言ってくれて、やっぱりそこは関係ないんだなと感じました。(役柄の)好き嫌いで判断しない方が、お芝居は楽だし、健全なのかなと思っています」

 昨年は、ドラマや4本の主演映画など立て続けに話題作に出演。歌手活動は「僕はプロではないと思っているし、楽しいからやっている」としながらも、2曲のドラマ主題歌を手がけた。多忙ぶりを「自分があと3人くらい欲しいなぁと思いましたね」と冗談交じりに振り返る。

 私生活では、昨年11月に女優・小松菜奈(25)と結婚。パートナーを得て迎えた今年を「一から見つめ直す年にしたい」と語る。

 「僕は、目の前のことに無我夢中になるタイプ。これまで一つやっては、次、次という感じで、気づいたら自分がどこにいるのか分からないことが多々あった。もういい年齢になってくるので、それだけじゃなく、ちゃんと計算していくというのが今年のテーマです」

 “見つめ直す”のは自身の人生設計だけではない。日本のエンターテインメント界の行く先も冷静に分析している。

 「最近、韓国の映画やエンタメが話題ですけど、(日本との)その差は何だというところを、ちゃんと僕らは悔しがらなきゃいけないんだと思います。指をくわえて見ているだけではダメですね」

 飄々(ひょうひょう)と見えて、使命感や責任感の強い素顔がのぞく。

 「日本のエンタメのシステムに対して、先輩方がずっと疑問を抱いて闘っている姿を見てきた。そこは、僕ら世代も引き継いで考えていかなきゃいけないと思っています」

 17年の報知映画賞主演男優賞受賞時のインタビューでは「いつかハリウッドに挑戦したい」と海の向こうへの思いを口にしていたが、現在はどうなのか。

 「そういう気持ちもあります。ただ、僕みたいな者が言うのもおこがましいですが、日本には日本の良さや世界に通用するものがあると思うんです。やっぱり、日本人が演じた日本語の作品を世界に見てほしい。そういう環境や機会を広げていくことを夢見ています」。よどみなく語る言葉に、次代を背負う役者としての覚悟がにじんでいた。

 ◆菅田 将暉(すだ・まさき)1993年2月21日、大阪府生まれ。28歳。2009年、テレビ朝日系「仮面ライダーW」でダブル主演を務め、俳優デビュー。14年に日本アカデミー賞新人俳優賞、17年に「あゝ、荒野」など4作品で報知映画賞主演男優賞を受賞。現在、NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」にも出演中。

インタビューに応じた菅田将暉(カメラ・矢口 亨)
腕を組み笑顔を見せる菅田将暉(カメラ・矢口 亨)
すべての写真を見る 2枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請