レッズ・秋山翔吾が自主トレ公開 女子選手、独立リーグ選手らと異色タッグ「刺激もあったり」

スポーツ報知
合同自主トレを公開した(左から)秋山翔吾、板山祐太郎、上林誠知  (カメラ・小泉 洋樹)

 レッズ・秋山翔吾外野手(33)が14日、静岡・下田市内で行っている自主トレを公開した。

 同自主トレには阪神・板山祐太郎外野手(27)、ソフトバンク・上林誠知外野手(26)と、秋山が日本時代に所属していた西武ではない2人が参加。さらに独立リーグのBC群馬・新山進也内野手(22)、茂木丈汰外野手(23)や、女子野球の西武レディース・山崎まり内野手(32)、アメイジング・笹川萌投手(26)もともに汗を流した。自主トレはチームメートやかつての同僚などと行うことが多いが、所属、リーグもバラバラという異色のタッグだ。

 これまでも球団などの枠組みにとらわれず、自主トレを行ってきた秋山。打撃練習中には積極的にアドバイスを送る光景も多く見られた。秋山は「(チーム練習よりも)少ない人数ということで練習は(多く)回せるし、ただ人数がいてくれることで刺激もあったりとか、バッティングもローテーションで回せますし、それぞれが課題を持ってやれている中で、僕が企画してみんなが来てくれるのを待っている状態。みんな集まってくれているので、しっかりしたものを伝えられたらなというのと、自分のしっかりした準備をやる時間かなと思っています」と説明。メジャーリーガーにとっても貴重な時間になっているようだ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請