ジョコビッチ、再びビザ取り消し決定 17日開幕全豪出場は不透明に

スポーツ報知
オーストラリアの入国ビザが再び取り消されたジョコビッチ(ロイター)

 オーストラリア連邦政府のアレックス・ホーク移民相は14日、テニスの男子世界ランキング1位ノバク・ジョコビッチ(セルビア)のビザを再度取り消す決定を下した。ビザ取り消しの理由について同移民相は「公益、健康と秩序のため」とし、ワクチン未接種を問題視したとみられる。ジョコビッチが全豪オープン(17日開幕・メルボルン)に出場できるかは不透明となった。

 ジョコビッチは全豪の主催者から新型コロナウイルスのワクチン接種免除を認められたとして5日夜に入国。しかし連邦政府から書類不備を理由に入国拒否され、ビザを取り消されて隔離施設に収容された。取り消しを求めて裁判所に訴え、10日に「合理性がない」として、ビザ取り消し無効の決定を勝ち取った。メルボルンの全豪会場で練習を再開していたが、入国書類で虚偽の記載があることや、先月中旬にコロナ陽性と知りながら取材を受けていた事実が判明。批判の目が向けられていた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請