中村虎之介が新型コロナウイルス感染 扇雀、七之助ら「陰性」も濃厚接触者の可能性

スポーツ報知

 松竹は14日、歌舞伎俳優の中村虎之介が新型コロナウイルスに感染したことを発表した。前日に東京・歌舞伎座「壽 初春大歌舞伎」(27日千秋楽)第1部の関係者の感染が判明したため、この日の公演を中止してPCR検査を行った。

 虎之介の父・中村扇雀、中村七之助、中村橋之助、中村福之助、中村歌之助はPCR検査で「陰性」だったが、同社の調査により濃厚接触者に該当する可能性があり、15日以降の出演を取りやめることになった。「一條大蔵譚(いちじょうおおくらものがたり)」の常盤御前は扇雀に代わり中村歌女之丞、お京は七之助に代わり中村京蔵、鳴瀬は歌女之丞に代わり澤村國久が勤める。

 虎之介の健康状態は安定しているが、経過観察を行い、保健所の指示に従って対応するという。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請