“史上最強力士”雷電ゆかりの地、千葉県佐倉市臼井で「雷電キャンペーン」が15日から実施

スポーツ報知
伝説の力士・雷電為右衛門ゆかりの地の千葉県佐倉市臼井で「雷電キャンペーン」が実施される

 “大相撲史上最強”とされる江戸時代の伝説の力士・雷電為右衛門が晩年を過ごしたとされる千葉県佐倉市臼井で「雷電キャンペーン」が実施される。

 第1弾として、1月15日から2月13日まで「臼井ウォーク雷電スタンプラリー」を実施。京成臼井駅、八幡社、妙覚寺、雷電夫婦と一女の墓所の4か所に設置されるスタンプを全て押すと、雷電の妻・おはんが出現。達成者には「必勝グッズ」(鉛筆、クリアファイル)がプレゼントされる。台紙配布場所は、佐倉市役所含む市内各公共施設、京成電鉄市内各駅および千葉県内主管駅、レイクピアウスイ、妙覚寺など。景品交換場所はレイクピアウスイ1階の「うすいコミュニティひろば」にて。景品交換可能期間は2月8日から13日の午前10時から午後5時までとなっている。

 第2弾は、佐倉市と雷電生誕の地の長野県東御市がコラボレーションした物産展が開催される。レイクピアウスイ1階の「うすいコミュニティひろば」にて、2月8日から13日の期間の各日午前10時から午後5時まで実施。東御市と佐倉市の物産品や雷電グッズの販売。雷電に関する資料の展示。すみれ保育園、うすいはくすい保育園の園児による雷電の塗り絵が掲示される。キャンペーンの詳細は佐倉市観光協会のホームページまで。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請