腰を手術の大仁田厚、念願の焼き肉食べて「口から火が出た。ファイヤー やっぱり健康が一番ですね」

スポーツ報知
大仁田厚

 5日に腰の切開手術を受け、療養中の元参院議員でプロレスラーの大仁田厚が14日までに自身のツイッターを更新。術後1週間を経て、念願の焼き肉を食したことを報告した。

 この日、満足げな表情で焼き肉を焼く写真を貼り付けると、「悲願達成焼肉食ったぜ」というハッシュタグをつけ、「この日を待っていた 上タン塩! はらみ! みすじ! やっぱり上カルビ! 食べた瞬間、口から火が出た。ファイヤー 感動の瞬間」と興奮気味につづり、「やっぱり健康が一番ですね」と、しみじみ続けていた。

 大仁田は手術したことを明かした今月11日のツイートで「少し良くなったら焼き肉が食べたい 今の俺の願いです」とつづっていた。現在は2月上旬のリング復帰を目指し、療養を続けている。

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請