【巨人】金打撃コーチが肺結核のため当面療養 横川スコアラーが1軍打撃コーチ 背番号78

金杞泰コーチ
金杞泰コーチ

 巨人の金杞泰(キム・キイテ)打撃コーチ(52)が肺結核のため、当面は韓国内で療養し、スコアラーの横川史学氏(37)が1軍の打撃コーチとして追加登録されることが14日、発表された。横川新コーチの背番号は78。

 金コーチは左の強打者として00年シドニー五輪では韓国代表の銅メダル獲得に貢献。05年に現役引退後、指導者としての道を歩み始め、07年に巨人の育成コーチ、08年から2年間は2軍打撃コーチを務めた。その後は韓国内でコーチ、監督を歴任し、21年シーズンから2軍ヘッドコーチとして巨人に復帰。阿部2軍監督の右腕として粘り強い指導で若手育成に尽力した。現在はすでに韓国内で療養中。まずは万全の体調に戻すことを最優先する。

 打撃コーチに追加される横川氏は06年の大学・社会人ドラフト4巡目で楽天入り。12年オフにトレードで巨人に加入した。15年限りで現役を引退後、アカデミー講師を経て17年からスコアラーとしてチームを支えた。初めてのコーチ経験となるが、鋭い分析力で選手からの信頼も厚い横川氏に、白羽の矢が立てられた形だ。

金杞泰コーチ
 
すべての写真を見る 2枚

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請