自らの「言葉のチカラ」で批判を称賛に変えたKENTA…SNS時代の有名人のサバイバル法がそこに

会見でも常に激しく熱い独自の言葉で記者たちを魅了するKENTA
会見でも常に激しく熱い独自の言葉で記者たちを魅了するKENTA

 2年前の5月。一人の前途有望な女子プロレスラーが急逝した。木村花さん、22歳。「死ね」「消えろ」―。リアリティー番組の下らない演出に悪のりした匿名の卑怯者たちのSNS上での誹謗(ひぼう)中傷に耐えかねての死だった。

 その年の1月4日に行われた新日本プロレス東京ドーム大会第0試合での花さんの華麗なファイトに魅せられ、試合後の会見で「本当に夢のような時間でした」と9分4秒のファイトを振り返った笑顔にも魅了された私は、その4か月後の死が本当に信じられなかった。

 一部の悪意も確かに沈殿するSNSの世界で、有名人がどう、このツールを使いこなし、サバイバルしていくか―。その最善のケースを教えてくれたプロレスラーがいる。現在のプロレス界で「最高のSNSの使い手」とされるKENTA(40)だ。

 今月5日に行われた新日・東京ドーム大会の棚橋弘至(45)とのIWGP USヘビー級戦。反則裁定なしのノーDQマッチとして行われた一戦でリング上に持ち込んだ5メートルの巨大ラダー(脚立)から落下。全治不明の大ケガを負い、欠場中のKENTAは11日、自身のツイッターを更新。治療のために入院したことを報告した。

 松葉杖(まつばづえ)をついた自撮り写真をアップ。「股関節を安静にする為に今日から入院する事に。股関節以外はもう大丈夫。明日にでも試合出来る」と現状報告。新日の発表「鼻骨骨折、左股関節後方脱臼骨折、背部裂傷、左環指腱性槌指で全治未定」という診断に心底、心配していたファンをとりあえず安心させ、コメント欄には「少し安心しました。本当に良かったです」「今回は無茶し過ぎ。危な過ぎる闘いはもうやめて!」などの声があふれた。

 しかし、私の目が引きつけられたのは、淡々と続けられた次の文章だった。

 「しかし2年前『死ね』って言われた俺が怪我の心配されるなんて。本当プロレスファンは身勝手な奴らだぜ笑」―。

 そう、2年前の1・5東京D大会。KENTAはオカダ・カズチカ(34)を破り、IWGPヘビー、インターコンチネンタル(当時)の二冠を達成した直後の内藤哲也(39)をリング上で襲撃。内藤による勝利の儀式「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン!」の大合唱を阻み、ドームを埋めた3万63人の大観衆の憎悪の視線を一身に浴びた。

 記者席にいた私も観客の最高のカタルシスの瞬間を奪った暴挙に「何してくれてるんだ? KENTA」と興奮。「史上最悪のバッドエンド」と題した記事を速報した。その後、KENTAのSNSには本人が書いたとおりの心ない言葉が書き込まれ続け、試合会場でもブーイングを浴び続けた。

会見でも常に激しく熱い独自の言葉で記者たちを魅了するKENTA
1・5東京ドーム大会での棚橋弘至との一戦で5メートルの巨大ラダーから落下。全治不明の大ケガを負ったKENTA
すべての写真を見る 2枚
1 2

コラムでHo!とは?
 スポーツ報知のwebサイト限定コラムです。最前線で取材する記者が、紙面では書き切れなかった裏話や、今話題となっている旬な出来事を深く掘り下げてお届けします。皆さんを「ほーっ!」とうならせるようなコラムを目指して日々配信しますので、どうぞお楽しみください。

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請