【京成杯】テラフォーミング成長アピール 相沢調教師「前走とは全然違う」

スポーツ報知
テラフォーミング

◆第62回京成杯・G3(1月16日、中山・芝2000メートル)=1月14日、美浦トレセン

 前走の東京スポーツ杯2歳S・G2で9着からの巻き返しを図るテラフォーミング(牡3歳、美浦・相沢郁厩舎、父エピファネイア)は厩舎周りで運動して体をほぐした。13日にWコースで併せ馬。時計こそ66秒7ー12秒0と目立たなかったが、終始余裕のある動きで3歳1勝クラスを2馬身追走し、3馬身先着した。

 相沢郁調教師は「前走と比べ、調整過程がスムーズ。追い切り後も問題ないし順調だね。馬が前走とは全然違うよ」と調子の良さを実感していた。15日は坂路に入ったあと、Wコースを軽く周回する予定だ。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請