NHK大河「鎌倉殿の13人」清純派ガッキーと年上美女・小池栄子! 女同士のバトル勃発へ 第2話みどころ

「生きながらえて良かった」と政子に会えた喜びを伝える頼朝と政子
「生きながらえて良かった」と政子に会えた喜びを伝える頼朝と政子

 俳優の小栗旬が鎌倉幕府第2代執権・北条義時を演じるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(日曜・後8時)の第2回「佐殿の腹」(16日放送)では、源頼朝(大泉洋)をめぐり北条家の周辺が一触即発状態になる。

 伊豆に流され、監視役の伊東祐親(浅野和之)のもとから逃げ出した頼朝。駆け込んだ先は、伊東の義理の息子・北条時政(坂東彌十郎)の屋敷だった。仲良く暮らしていたはずの親類同士が、頼朝を返す返さないで戦も辞さない大騒動に発展。「佐殿」(すけどの)というのは、当時官位を持っていた頼朝の呼び名だ。

 美女同士による対立も起きつつある。「英雄色を好む」の言葉通り、女性に目がない頼朝。伊東家の娘・八重(新垣結衣)との間に子供をもうけたにもかかわらず、今度は北条家で義時の姉・北条政子(小池栄子)ともラブラブな展開に。義時も思わず「あなたが分かりません」とぼやくほどだ。

 後に「尼将軍」と呼ばれるやり手の政子だが、この頃は着物からムンムン色気がにじむ年上美女。脚本・三谷幸喜から「クレオパトラみたいな感じ」と称される八重は、和服から清らかなオーラを醸し出しながらも気の強さをうかがわせる。キャスト陣の取材会でも、新垣が「政子さんは動揺が顔に出てかわいかった」と振り返るなど、今後2人の間に何かが起こることを予感させる。

 初回「大いなる小競り合い」(9日放送)では、義時の周辺にいる人物の人となりが紹介された。あるじの時政を筆頭に、脳天気そうな北条家の面々。時政の「首ちょんぱ!」、妹・実衣(宮澤エマ)の「ゾッコン!」など平安時代末期にはあり得ない言葉も飛び出し、北条ファミリーの明るい人柄が表現されている。

 ちなみに「鎌倉殿の13人」のタイトルが大河ドラマでおなじみの筆文字ではなく明朝体なのも、「13人」が洋数字なのも、「三谷さんの作品が持つポップなイメージを意識している」(番組関係者)という狙いがある。とことんまで史実を調べ、判然としない部分はエンターテインメントで埋める三谷流だ。

 初回の世帯視聴率は17・3%で時間帯トップの数字を記録した。歴代大河の初回視聴率の数字を比べるよりも、裏番組のテレビ朝日系「ポツンと一軒家」の13・6%に3・7ポイント差をつけている点に注目したい。名作の呼び声が高い前作「青天を衝け」の前に立ちはだかったテレ朝の看板番組。視聴率が人気の全てではないにせよ、「鎌倉殿-」の伸びしろは大いに期待できる。

(NHK担当・浦本将樹)

※視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区

コラムでHo!とは?
 スポーツ報知のwebサイト限定コラムです。最前線で取材する記者が、紙面では書き切れなかった裏話や、今話題となっている旬な出来事を深く掘り下げてお届けします。皆さんを「ほーっ!」とうならせるようなコラムを目指して日々配信しますので、どうぞお楽しみください。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請