【京成杯】テンダンスは追い切り後も落ち着き十分 陣営「長距離輸送も2度目で慣れが見込める」

スポーツ報知
テンダンス

◆京成杯・G3(1月16日、中山・芝2000メートル)=1月14日、栗東トレセン

 東京スポーツ杯2歳S3着以来となるテンダンス(牡3歳、栗東・中竹和也厩舎、父ジャスタウェイ)は角馬場で体をほぐした後、CWコースへ。入念にダクを踏み、直線は軽いキャンターで息を整えた。

 柴田助手は「たくましさが増して、走りがパワフルになっています」と成長を実感。「前回は間隔が詰まっていたせいか、気が入っていました。今回は精神的にリラックスしていて、長距離輸送も2度目で慣れが見込めます。今の中山の馬場は合うはず。賞金を加算して欲しいですね」と力を込めた。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請