【愛知杯】シゲルピンクダイヤはダートで最終調整 渡辺調教師「追い切り後も変わらず順調」

スポーツ報知
シゲルピンクダイヤ

◆愛知杯・G3(1月15日、中京・芝2000メートル)=1月14日、栗東トレセン

 中日新聞杯3着から中4週で臨むシゲルピンクダイヤ(牝6歳、栗東・渡辺薫彦厩舎、父ダイメジャー)はダートのEコースをキャンターで1周半。翌日の本番へ向け、息を整えた。

 渡辺調教師は「追い切り後も変わらず順調です。前走でハミを替えたことで、真っすぐ走れるようになっています。最近はスタートもいいですし、楽しみです」と期待。桜花賞2着、秋華賞3着と3歳時から大舞台で好走してきたベテラン牝馬が、得意舞台でデビュー2戦目以来のVを目指す。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請