テレ朝、長寿料理番組「おかずのクッキング」が3月で終了と発表…48年の歴史に幕

スポーツ報知
「おかずのクッキング」出演の料理研究家・土井善晴さん(左)と堂真理子アナウンサー

 テレビ朝日は14日、48年間続いてきた長寿料理番組「おかずのクッキング」(土曜・午前4時55分)が3月の放送をもって終了すると発表した。

 番組は、1974年4月に放送を開始。初代・土井勝さんから2代目・土井善晴さんまで親子2代、48年間続いてきた。“おふくろの味”という言葉を世に広めた料理研究家・土井勝さんがメインを務める『土井勝テレビお料理教室』として、1974年4月にスタート。当時は月~金曜の夕方5分間の放送で、土井勝さんのやさしい関西弁と家庭料理のレシピが人気を集めた。

 土井善晴さんは、1988年4月に番組初出演(当時31歳)。1993年春、父・勝さんから司会を引継ぎ、“家庭料理は愛情”という勝さんの精神を大切にしながら、現代の暮らしにあった日本の家庭料理を追求。2000年10月以降は毎週1回25分番組というスタイルになったが、軽妙な語り口と作りやすいレシピで長年、多くの人に親しまれてきた。

 約34年にわたって番組を通じ、家庭のおかずの作り方を伝授してきた土井善晴さんは「『おかずのクッキング』では“家のお料理は楽しく作る”をコンセプトに番組づくりをしてきました。2022年3月をもって番組が終わることはとても残念ですが、一方で、いつも一生懸命できたことを誇りに思います。いつも番組を観ていただいた皆様に心よりお礼申し上げます」とコメントした。

 なお、番組テキストも2月3月号(1月21日発売)が最終号となる。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請