古川奈穂騎手は日曜に2鞍騎乗 3戦連続2着のステイブルアスクは「今回も走ってくれると思います」

スポーツ報知
古川奈穂

 古川奈穂騎手は今週、16日の日曜日のみの騎乗。中京で2鞍に騎乗する。

 先週は3戦連続の騎乗だったゲオルギウスで13番人気ながら2着と激走。波乱を演出した。「除外続きでテンションが高くなっていましたが、競馬に行って、いい方に出ましたね。流れに乗って、しまいまでいい脚でした」と、今年初の連対圏確保となった一戦を振り返る。

 今週も自身が手綱を執り続けている2頭がスタンバイ。6Rのステイブルアスクはダート投入となった昨秋から3戦連続の騎乗で、すべて2着と抜群の安定感を見せている。13日には栗東・坂路で追い切りにも騎乗。「小柄な牝馬。体重を考慮して、調整程度でした。8日にもしまいをサラッとやって、動きはよかった。今回も走ってくれると思います。馬場(良でも不良でも)も左右の回りも不問。前めで競馬できれば」とひと押しを利かせ、自身の今年初Vもつかむつもりだ。

 12Rのモズピンポンも3戦連続のコンビとなる。「大型馬で絞り切れない面はあるが、前走より状態は上がっているとのこと。最近は行き脚がつきませんが、間隔を詰めて使うことで流れに乗れれば。ためれば切れますが、前に行きたい」と積極策での一変を思い描いていた。

 【日曜中京】

6R ステイブルアスク(牝4歳、栗東・矢作芳人厩舎、父オルフェーヴル)

12Rモズピンポン(牡5歳、栗東・矢作芳人厩舎、父グランプリボス)

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請