【ソフトバンク】和田毅、松坂から「52勝!」200勝託された 世代最後の一人

スポーツ報知
球場近くの神社へと続く上り坂を駆け上がる和田毅(カメラ・岩崎 龍一)

 ソフトバンク・和田毅投手(40)が13日、長崎市内で自主トレを公開。“松坂世代”最後の一人として同世代初の200勝を最終目標に据えた。日米通算150勝まで2勝と迫るベテランは「150勝と(あと7勝の)日本通算150勝を今年は通過点と言えるように頑張りたい」と誓った。

 きっかけは今月1日に放送されたテレビ番組の収録だった。同世代の盟友2人からキャッチボールで直筆メッセージ付きの球を受け取った。松坂には「(名球会入りまで)あと52勝!」、藤川には「(日本通算)2000投球回待ってます!」と思いを託された。

 「大輔の170(勝)という数字でもとてつもないのに、大輔らしいなと。同級生で名球会のメンバーがいないので、そういう思いで書いてくれたんだと思います。2000投球回という数字もまずは目先の目標ですけど、それだけ投げられたという自信になる」

 残り107回2/3で到達する通算2000イニングは、現役では楽天・涌井と岸、ヤクルト・石川、日本ハム・金子の4人しかいない。「本当にやるか、やられるか。全くできなければ、やめるという選択になってくる」。覚悟を決め、2年契約最終年のシーズンに向かう。(中村 晃大)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請