駿河台大の三十路ランナー今井隆生“漫画みたいな2年間” 初出場箱根駅伝後に徳本監督と「先輩と後輩」に戻って対談

スポーツ報知
感謝の思いをつづった駿河台大・徳本監督(左)と今井

 第98回箱根駅伝(2、3日)に初出場し、19位となった駿河台大の徳本一善監督(42)と4区を駆けた31歳の今井隆生(4年)が、約2年ぶりに酒を酌み交わした。もともと、2人は社会人同士の先輩後輩だったが、20年4月に今井が埼玉県の中学校体育教師を休職して駿河台大の心理学部3年に編入学すると同時に、それまでの関係を一時解消。監督と一選手の関係に徹底した。箱根路の戦いを終えた8日、師弟コンビは埼玉・飯能市内で新型コロナウイルス感染防止対策を取った上で、2年間の思い出を熱く語り合った。

 法大の選手として箱根路を沸かせた駿河台大の徳本監督は、指揮官として初参戦した箱根駅伝でも新たな伝説をつくった。そのひとつが4区で死力を尽くしながらも区間最下位(20位)に終わった今井へのねぎらいの言葉だ。「2年間、ありがとう。オレに謝ったらブッ飛ばすから」。運営管理車から聞こえた謝意に今井は涙した。

 徳本(以下徳)「今井よりオレが走った方が速いと思ったよ。でも、その今井を起用したのはオレだから」

 今井(以下今)「徳本監督にそう言われた以上、謝りません。感謝の気持ちだけを伝えます。2年間、ありがとうございました」

 「予選会(昨年10月)以降、今井は調子が上がらなかったけど、今井に取って代わる選手が他にいなかった。今回の駿河台大はそこまでのチームだった。でも、今井がいなければ箱根駅伝に出場できなかった。2年間の努力は本物だし、チームを引っ張ってくれたことに心から感謝している。改めて言う。ありがとう」

 今井を小田原中継所で待っていた5区の選手は、今井の埼玉・越生中教師時代の教え子の永井竜二(3年)。年齢差は10歳。教師と生徒だった2人は20年4月からチームメートになり、箱根駅伝でタスキをつないだ。

 「永井の元チームメートであり、僕の元教え子でもある越生中駅伝チームのみんなから寄せ書きをもらいました。2人そろって区間最下位だったけど、その寄せ書きは永井と僕の宝物です。来年、永井はリベンジしてくれるでしょう」

 「今回、永井は注目されて重圧があったと思う。本来の力を発揮できずに区間最下位に終わった。来季、永井は駿河台大の主力。プレッシャーを力にできる選手になってほしい」

 初出場の駿河台大は19位という結果以上のインパクトを残した。今井と永井の師弟タスキリレー。予選会で8位通過した後、泣きながら恩師に電話する姿が話題になった「泣き虫キャプテン」阪本大貴主将(4年)は本戦ではアンカーとして満面の笑みでゴール。「繰り上げスタートなしで一本のタスキをつなぐ」というチーム目標を達成した。

 「箱根駅伝の後、たくさんのOBが来てくれたよな。学生時代にたばこ吸ったり、パチンコばかりして迷惑かけたヤツらも来てくれた。売れっ子ホストになっているヤツもやって来た。みんな、箱根駅伝出場を喜んでくれて、うれしかった」

 「結局、みんな徳本監督が好きなんですよ。腹立つこともたくさんあるけど。徳本監督がいるから駿河台大に来た選手ばかりですから。もちろん僕もです」

 箱根駅伝では戦前、また、現在は年齢制限がなく、1939年大会に33歳131日で5区区間賞に輝いた村社講平(中大)が最高齢出場とされている(ちなみに92年までは27歳以下という年齢制限があり、87年大会で28歳だった駒大4年の大八木弘明は出場できなかった)。今井は31歳124日で出場。村社と並ぶ異例の三十路(みそじ)の箱根ランナーとなった。

 「18位でスタートして、約8キロで中央学院大の伊藤秀虎選手(2年)に追いつかれた。4キロ食らいつきましたが、離されました。レース後、その伊藤選手にSNSでメッセージをもらいました。『今井さんの姿勢に努力を続けることの大切さを教えてもらいました』と」

 「今井は駿河台大の選手に大きな影響を与えたことは間違いない。他大学の選手にも影響を与えたのなら、それは素晴らしいよ」

 「僕自身も多くを学びました。4区の待機場所で多くの選手がテレビを見ていましたが、青学大主将の飯田貴之選手(4年)は目をつぶって集中力を高めていました。背負うものの大きさを感じました」

 「青学大は本当に強い。走った10人だけでなく11番目以降の選手が強い。原晋監督(54)には見習うことが多い。いつか、原監督が見ている景色を見てみたい」

 「尊敬する今井正人さん(トヨタ自動車九州)からも『同じ今井として縁を感じています』というメッセージをいただきました。今後の励みになります」

 「今井の挑戦は多くの人に響いたと感じる。教員の皆さんには、それぞれの得意分野を極めるために休職の選択肢があることを示すことができたと思う」

 徳本監督と今井の付き合いは長い。今井は東京・大泉高時代は陸上部に所属し、箱根駅伝出場を夢見ていたが、全国レベルに届かず、日体大でトライアスロンに転向。卒業後、実業団でトライアスロン選手として活動。走力を磨くために参加した練習会で徳本監督と知り合った。16年に現役を引退し、埼玉県の教員に。市民ランナーとして多くの大会に参加した。勤務先の中学校が駿河台大と近かったため、休日は同大学で練習を重ねた。いつしか、箱根駅伝出場という夢を現実的に考えるようになった。教師としての力不足も感じ、心理学にも興味を抱いていた。

 「駿河台大で心理学を勉強して、箱根駅伝にも一緒に出場しようぜ」。徳本監督の熱いエールが今井の背中を押し、20年4月に教員の「自己啓発等休業」制度を利用して心理学部3年に編入学。その時、2人は「必ず箱根駅伝に出よう」と約束を交わした。

 それまで2人は時折、酒席をともにしていたが、今井が編入学する前、徳本監督は「今井が駅伝部にいる間は一緒に酒を飲みに行くことはないからな」と通告。今井は「分かっています」と即答。社会人の先輩後輩関係を一時解消し、けじめをつけた。

 それから約2年。駿河台大は初の箱根駅伝を戦い終えた。今月3日で今井ら4年生は駅伝部を卒部。徳本監督と今井は再び元の関係に戻った。

 「2年間、本当に長かった。すべての力を出し切りました。あと2年あったら…死んでいます」

 「今井、キャプテンの阪本をはじめ4年生は、この1年間、やり切った。それは褒めたい」

 そして、今井は4月から2年ぶりに教壇に戻る。

 「残り1キロで徳本監督からもらった言葉は忘れません。『お前に残された時間はあと3分だ。思い残すことはここに全部、置いていけ』と。これは教師に戻った時、使わせてもらいます。受験まであと1週間となった時、『君たちに残された時間はあと1週間。思い残すことはここに全部、置いていこう』と言いたいですね。『謝ったらブッ飛ばす』は使えませんけど」

 最後、2人は互いへの思いを色紙に記した。

 「今井へ 2年前の交わした約束を叶(かな)えてくれたことに感謝してます。今日の酒の味は絶対に忘れません。お互い生涯学び続けよう」

 「徳本監督へ これからも監督の後ろ姿を追いかけて一番弟子の“教師”として頑張ります」

 酒を酌み交わした後、徳本監督がポツリとつぶやくと、今井はすぐに応えた。

 「2年間、面白かったな…。漫画みたいだったよ」

 「はい。最高に面白かったです」

 そのやり取りは、まさに名作漫画の最終回のようだった。

(取材・構成=竹内 達朗)

 〇…徳本監督は、今井と約2年ぶりの酒席をともにした翌日の9日、東京・北区新荒川大橋野球場発着の公認コースで行われたハイテクハーフマラソン(21・0975キロ)に、箱根駅伝出場メンバー以外の選手とともに出場。42歳ながら1時間9分5秒の好タイムで走破した。「久々に大会に出場しました。思った以上に走れました」と徳本監督。ただ、徳本監督より遅いタイムでゴールした選手も4人いたことについては指揮官の顔で「それはダメですね」と厳しく評した。

 ◆徳本 一善(とくもと・かずよし)1979年6月22日、広島市生まれ。42歳。美鈴が丘中1年から陸上を始め、3年時に全国大会で1500メートル2位。広島市立沼田高3年時に全国高校総体1500メートル2位。98年に法大入学。箱根駅伝は1年1区10位、2年1区1位、3年2区2位、4年2区途中棄権。2002年、日清食品に入社。03、04年の日本選手権5000メートル連覇。自己ベストは5000メートル13分26秒19、1万メートル28分13秒23。12年4月、駿河台大駅伝部監督に転身。家族は妻と1女1男。長男・陽(ひなた)は群馬の強豪、東農大二高1年の長距離選手で昨年12月の全国高校駅伝2区22位。173センチ、59キロ(現役時代)。

 ◆今井 隆生(いまい・たかお)1990年8月31日、東京・保谷市(現西東京市)生まれ。31歳。大泉高では陸上部に所属し、都大会10位が最高成績。2009年、日体大に入学し、トライアスロン部に入部。世界大学選手権に出場。13年に卒業後、トライアスロン実業団チーム「ケンズ」で活動。16年に現役を引退し、埼玉県の中学校教員に採用された。20年に休職し、駿河台大に編入学。自己ベストは5000メートル14分11秒10、1万メートル29分26秒99。165センチ、52キロ。

 ◆駿河台大 1987年、大学創立と同時に陸上競技部が創部。2005年、箱根駅伝予選会に初出場。12年、陸上部から駅伝部が分離独立し、同時に徳本一善監督が就任。16年に平賀喜裕が関東学生連合の7区を走り、駿河台大初の箱根ランナーに。昨年10月の予選会で8位通過し、初出場を果たして本戦19位。タスキは水色と黒色のツートンカラー。練習拠点は埼玉・飯能市。主な大学OBはお笑い芸人のアキラ100%。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請