日本バレーボール協会、嶋岡健治会長を解職 ビーチバレーの診断書偽造問題で

スポーツ報知
日本バレーボール協会・嶋岡健治会長

 日本バレーボール協会は13日、都内で理事会を開き、ビーチバレーの国際大会に絡んで診断書が偽造された問題で、嶋岡健治会長(72)を解職することを決めた。理事職の辞任も勧告。嶋岡氏は席上、辞表を提出する意向を示した。

 一連の問題については、2020年1月の男子ワールドツアーで参加予定ペアがキャンセルの意向を伝えていたものの、協会が期限内に申請を怠り、国際連盟からのペナルティーを逃れるために診断書を偽造した。

 協会内のコンプライアンス委員会は昨年10月に嶋岡氏をけん責などとする処分を提案。しかし、処分が軽いなどと批判が噴出したため、第三者委員会を立ち上げ、本格的に調査を始めた。

 第三者委員会の調査報告書などによると、嶋岡会長らは20年12月には偽造を認識していたにもかかわらず、公表せず、記者会見でも虚偽の答弁を繰り返した。報告書公表を受け、嶋岡氏は先月、会長職を辞任する意向を示していた。

 嶋岡氏は、1972年ミュンヘン五輪金メダリストで、2017年、会長に就任した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×