シバター、活動休止を発表「十分な罰が自分に与えられたと感じましたら、その時、また復活したいと思います」

シバター
シバター

 昨年大みそかにさいたまスーパーアリーナで行われた「RIZIN.33」での、元K―1WORLD GP初代ウェルター級王座の久保優太(PURGE TOKYO/BRAVE)との“八百長疑惑”の渦中にいる人気ユーチューバーでプロレスラーのシバター(フリー)が13日、騒動の責任をとり、ユーチューバーとしての活動を当面、休止することを自身のYouTubeチャンネルで表明した。

 「今回の件を重く受け止め、活動休止します」という表題のもと動画をアップしたシバター。神妙な画面に登場すると、「動画のタイトルにもある通り、このチャンネルををしばらく休止したいと思います」と宣言。

 「自分の中ではある程度の正義というか、エンタメとはこうあるべきだという気持ちがありまして、僕は胸を張って自分の仕事を真っ当したと言えるんですけど、今回は騒動が大きくなり過ぎてしまったんで、誰もシバターに、罰を科さないのなら、RIZIN運営も科さないのなら自分で罰を自分を罰するしかないと思いました。広告収入を得られる活動を自粛しようと思いました」と話したシバター。

 「落ち込んでいるとかはないんですけど、多少のペナルティーは自分自身に与えないといけないと思ってます」とした上で「今後の格闘技を含めた今後の方針や動画の方向性は休止期間に考えまして、反省、十分な罰が自分に与えられたと感じましたら、その時、また復活したいと思います」と続けた。

 最後に「応援してくれた皆さん、本当にありがとうございます。そして、僕の試合で嫌な気持ちになった方々、申し訳ございませんでした。しばらくお休みします。大変にお騒がせしました」と深々と頭を下げた。

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請