シバター、活動休止を発表「ユーチューバーは自分で線引きするしかない。無期限活動休止します」

スポーツ報知
シバター

 昨年大みそかにさいたまスーパーアリーナで行われた「RIZIN.33」での、元K―1WORLD GP初代ウェルター級王座の久保優太(PURGE TOKYO/BRAVE)との“八百長疑惑”の渦中にいる人気ユーチューバーでプロレスラーのシバター(フリー)が13日、騒動の責任をとり、ユーチューバーとしての活動を当面、休止することを自身のYouTubeチャンネルで表明した。

 「今回の件を重く受け止め、活動休止します」という表題のもと動画をアップしたシバター。神妙な画面に登場すると、「動画のタイトルにもある通り、このチャンネルををしばらく休止したいと思います」と宣言した。

 「一昨日ですか。RIZINの榊原CEOが公式チャンネルにて、今回のシバター―久保戦について公式の声明を発表して、両選手ともおとがめなし、ファイトマネーの没収とか減額とか今後の出場停止とか裁判とかは全くRIZINとしてはするつもりがないと。ただ、今後、試合に出る選手とRIZINとの間で結ぶ契約書の中に今後、対戦相手との直でのやり取りは禁止するという事項を設けますよという発表がありまして、今回は2人とも何のペナルティーもなしという形に終わったんですが…」と話し、「結局、ユーチューバーって無敵の存在なんで。犯罪さえしなければ、どれだけモラルに反したことをしても活動を続けられてしまう。世の中的によろしくないことをしても続けようとすれば続けられてしまう」と内省した。

 その上で「ファンが多少なりともいれば、悪いこと、悪影響なことをしてもファンが絶対、一定数見るので、活動を続けられてしまうんです。私も多分、明日、明後日、動画をアップすれば見てもらえるんですよ。生活ができる広告収入を得られるんですけれども、自分の中でどこかで線引きというか、犯罪じゃなければ何してもいいだろうという考えのもと、人々に悪影響のあることを配信し続けるというのはどこかで絶対、ラインを踏み越えて、本当に良くないことをやりかねないし、ユーチューブのシステムはセーブをしてくれない。自分でどこか線引きをするしかない。セーブをするしかないと思いまして、このたび、無期限活動休止致します」とした。

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請