佐々木希、夫に関する質問は「答えてはいけないと言われてまして」

日本ジュエリーベストドレッサー賞を受賞した佐々木希
日本ジュエリーベストドレッサー賞を受賞した佐々木希

 女優の佐々木希らが13日、「第33回 日本ジュエリーベストドレッサー賞」を受賞し、都内で行われた表彰式に出席した。

 真っ黒なドレスを身に着けて登場。30代部門での受賞となった佐々木は「憧れの賞をいただけて光栄。ジュエリーは、幼い頃に祖母や母のものを借りて着けたが、一昨年には、自分のご褒美でオーダーして指輪を作った。宝石のように、内側から輝ける女性になりたい」と喜んだ。

 ジュエリーに関連して、夫の渡部建から宝石を贈られたことがあるかと聞かれ、「主人からもらったことはありますが…。(渡部に関することは)答えてはいけないと言われてまして…」と苦笑いだった。

 10代部門で受賞した、女優の芦田愛菜は「ジュエリーを初めて身につけたが、大人の象徴だったので、身が引き締まります」と緊張した様子。40代部門で受賞したアンミカは「40代最後に身に余る賞をいただけてうれしい。女性を美しくしてくれるのが、ジュエリーです」。50代部門では女優の真矢ミキが受賞し、「50代にはたくさん魅力的な方がいる中、いただけてうれしい」。60代部門には女優の宮崎美子が輝き「仕事を続けてきてのご褒美と思っている。ブラックオパールは、標本では持っていたが、身につけるのは初めて。宝石のように輝ける、すてきなおばあちゃんになりたい」と喜んだ。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請