【ロッテ】小島和哉が千葉海上保安部ポスター起用「海を見ているとリラックスできる」

スポーツ報知
2022年の千葉海上保安部ポスターに起用されたロッテ・小島和哉投手

 ロッテは13日、千葉海上保安部が「118番」の重要性をより多くの方々に理解してもらい、海の安全安心を確保することを目的に製作をしているポスターに小島和哉投手が起用されることになったと発表した。

 海上保安庁は、海難事故、密漁や密航・密輸などの事件情報の通報先として、2000年5月1日から、海上保安庁緊急通報用電話番号として「118番」の運用を開始。10年12月には、毎年1月18日を「118番の日」と制定し、周知活動を強化している。「118番」の重要性をより多くの人に理解してもらい、海の安全安心を確保するため、ポスターを制作しての啓蒙活動を行っており、ポスター約2000枚は県内の公共交通機関、公共施設などに順次、掲示される。21年は安田尚憲内野手、20年はブランドン・レアード内野手、19年は藤原恭大外野手、18年は井口資仁監督、15~17年は石川歩投手が起用された。

 昨季、チーム最多10勝を挙げた小島は球団を通して「シーズン中も登板翌日などに、よくZOZOマリンスタジアムの前の海の辺りでウォーキングをしたりしています。海を見ているとリラックスできるというかホッとできるというかそんな場所です。そんな海を守ってくださっている千葉海上保安部のポスターに起用していただき本当に嬉しいですし、光栄です。2022年シーズン、もっともっと活躍して0を沢山並べられる投手になりたいです。ポスター起用していただいたことに応える活躍をしたいと思います」とコメントした。

 千葉海上保安部は「2021年、リーグ2位の2完封を記録した小島投手の投げる姿が千葉海上保安部の海を守る姿のイメージとしてピッタリのため起用させていただきました。また海難ゼロを目指す千葉海上保安部の想いと0点で抑えようと投げる小島投手の想いも共通しており今回のポスター上の『千葉の海で全力投球!海難0で完封勝利!』というメッセージにもなりました。2022年シーズン、さらに白星を伸ばし、完封勝利を挙げていただくことで、千葉海上保安庁『118番』も、よりたくさんの皆様に認知いただきたいと思います。小島選手の活躍を願っております」とエールを送った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×