名牝アーモンドアイの初子誕生 父エピファネイアの牡馬

スポーツ報知
1月13日未明に誕生したエピファネイアを父に持つアーモンドアイの初子(右=写真提供・ノーザンホースパーク)

 18年、20年の年度代表馬に輝き、現役時代に芝G1史上最多9勝を挙げたアーモンドアイ(牝7歳)の初子が、1月13日の未明に北海道安平町のノーザンファームで誕生した。父エピファネイアの牡馬で、母子ともに健康という。ノーザンホースパークなどがこの日、公式SNSで発表した。

 アーモンドアイは18年に史上5頭目となる牝馬3冠を成し遂げて、続くジャパンCでは2分20秒6という驚異的なJRAレコード(芝2400メートル)で快勝。19年にはドバイ・ターフで海外G1初勝利を挙げたほか、ラストランとなった20年のジャパンCでは、その年の牡馬3冠馬のコントレイル、牝馬3冠馬のデアリングタクトを相手に有終の美を飾った。

 父エピファネイアは、現役時代に13年の菊花賞や14年のジャパンCを制しており、種牡馬としても昨年の年度代表馬エフフォーリア(牡4歳、美浦・鹿戸雄一厩舎)を送り出すなど産駒が活躍中。両親から受け継がれた優れた素質を持つ産駒は、早ければ2024年にもデビューすることになる。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請