早期卒業・中野完全連続V…次戦は2月立川FⅡ

スポーツ報知
日本競輪選手養成所を早期卒業した中野慎詞

 日本競輪選手養成所121期生の早期卒業組として注目を集めている中野慎詞(22)=岩手=が12日、取手競輪最終日の第10R「チャレンジ決勝」に臨み、鮮やかなまくりで完全Vを飾った。前受けから進めたレースは、後続の上昇に一度引いて3番手から。最終ホームで仕掛けると一気に前団をのみ込んだ。続いた2着の佐藤啓とは3/4車身差だったが、3着の辺見祐には7車身差をつける圧巻の内容だった。デビュー戦の前橋に続き、無傷の6連勝となったことで、次回の立川(2月10~12日)でも完全Vを達成すると、A級2班へ特別昇班を果たす。

ギャンブル

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請