【大学野球】阪神・佐藤輝明の弟、関学大・太紀「スタメンで出場して活躍したい」

スポーツ報知
打撃練習を行う関学大・佐藤

 阪神・佐藤輝明内野手(22)の弟で、関学大の太紀(たいき)内野手(3年)が12日、兵庫・西宮市の同大学グラウンドで始動。「卒業後は育成(でのドラフト指名)でも社会人でも、高いレベルで野球を続けたい」と、あらためてプロ入り希望を明かした。

 プロ1年目で新人歴代7位の24本塁打を放った兄に負けない187センチ、98キロの右打者は、ここまでリーグ戦未出場。「スタメンで出場して活躍したい。結果を出すしかない」と、最終学年での巻き返しを見据えている。この日は兄のようにヘアバンドを着けて練習した。1、2年前に「俺も買うから、お前も買うか」と勧められて購入した。

 兄からは「1年間、小さくならずに(バットを)振り続けていた。すごいと思う」と刺激を受けている。昨秋の兵庫県知事杯では主に一塁を守ったが、近大時代の兄と同じく「三塁で勝負したい」と、きっぱり。まずは定位置を奪取する。(南 樹広)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請