鬼沢慶一さん、昨年9月に死去 芸能リポーターの草分けとしてTBS系「モーニングジャンボ」などで活躍

鬼沢慶一さん
鬼沢慶一さん

 1970~80年代に芸能リポーターとして活躍した鬼沢慶一(おにざわ・けいいち)さんが、昨年9月5日に老衰のため都内の病院で亡くなっていたことが12日、分かった。89歳だった。

 鬼沢さんはスポーツニッポン新聞社に入社後、報知新聞社に転職。芸能記者として活動した。渥美清さんの結婚、小林旭(83)の結婚など数々のスクープをものにし、70年にフリーに転身。71年からはTBS系ワイドショー「モーニングジャンボ」で芸能リポーターの草分け的存在として活躍した。

 歯切れのいいリポートには定評があり、その後も同局系「3時にあいましょう」、日本テレビ系「ルックルックこんにちは」のリポーターとして活躍。“芸能界のロッキード事件”として騒がれた詐欺事件の大原みどり事件、島倉千代子さんの6億円借金事件を独占取材するなど「鬼の鬼沢」の異名を取った。一方で、その人柄から石原裕次郎さん、勝新太郎さんら昭和の大スターとも親交が深かった。

 2000年8月、電車の優先席を陣取る若い2人組の男に「子供に席を譲っては」と指摘したことから降車後に襲われ、右手中指骨折など全治3か月の重傷を負った。01年の参院選では保守党から比例区で出馬したが、落選した。

 長男の勝男さん(56)はスポーツ報知の取材に「忙しい父という印象です。休日に会えたことがあまりなかったものですから」と回想。第一線を退いてからは、孫と遊ぶ時間が生きがいだったそうで「晩年は孫の面倒を見るのが好きでしたね。孫を見せてあげられて、僕も親孝行できたかなと思います」と懐かしんだ。

 ◆鬼沢 慶一(おにざわ・けいいち)1932年6月16日、東京都生まれ。青山学院大文学部中退。57年スポーツニッポン新聞社入社。65年報知新聞社移籍。70年退社、フリーに転身。テレビで芸能リポーターを務めたほか、ラジオでもTBS「ミュージック・ハイウェー」を20年以上にわたり担当。著書に「涙の取材手帳」など。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請