【ボートレース】小林晋選手、多摩川でのレース中に事故死 44歳

スポーツ報知
小林晋さん

 ボートレース多摩川最終日の12日、第6レースで小林晋選手=東京支部・85期=が、2周バックストレッチ航走中に他艇と接触して転覆。直後に後続艇と接触した。直ちに救急車で府中市内の病院に搬送され、集中治療室で治療が行われたが、同日15時52分に死亡が確認された。死因は調査中。44歳だった。

 ボートレースでの死亡事故は20年2月9日、松本勝也選手が亡くなった尼崎G1「近畿地区選手権」4日目第9R以来で、32件目となる。

 85期の小林選手は1999年11月に平和島でデビュー。2000年4月、とこなめで初勝利を挙げると、03年12月、宮島で初優出(2着)した。優勝はないが、優出12回で通算343勝。

 オートレースでは昨年10月と12月に川口オートで死亡事故が起きており、公営競技で痛ましい事故がまた起こってしまった。

ギャンブル

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請