箱根駅伝総合2位の順大が印西市役所で報告会 新主将の西沢侑真が来年度学生駅伝「3冠」挑戦を宣言

スポーツ報知
千葉・印西市役所に箱根駅伝準優勝の報告会に訪れた順大の長門監督(前列左から2人目)と出場10選手

 今月2、3日に行われた箱根駅伝で総合2位の順大が12日、地元の千葉・印西市役所で出場10選手と長門俊介監督が出席して、準優勝報告会を行った。

 スーツに身を包んだ長門監督は、板倉正直市長から花束とねぎらいの言葉を受け取った。「15年ぶりの表彰台。今年度から印西市のマークを胸に3大駅伝を戦ってきて、最後の箱根でこのような結果を残せたことは、多くの方のご声援を頂いたからだと感じております」と感謝の言葉を述べた。

 順大は同市内に練習拠点を置き、昨年から学生3大駅伝のユニホームに「印西市」のロゴマークをつけて走るなど連携協力を行っている。選手たちはこの日、同市のマスコットキャラクター「いんザイ君」とともに記念撮影におさまった。

 箱根駅伝では、長門監督が9区を走って総合優勝した2007年大会以来のトップ3となる2位。東京五輪3000メートル障害7位の三浦龍司(2年)ら、7人が来年度も残る。箱根駅伝史上最速記録で完全優勝した青学大とは約11分差あるが「2位の悔しさを改めて私自身実感することになり、目指すはもう頂上しかありません。この11分差をいかにして詰めていくかということで、新チームもスタートしています」と長門監督は12度目となる箱根駅伝制覇を見据えた。

 新主将の西沢侑真(3年)も「箱根駅伝総合優勝だけではなくて、出雲と全日本全て取る3冠を目標に来年度1年やっていくつもりです。(青学大と)11分の差があるので、全員がもっとレベルアップをして、さらに力をつけていきたいと思います」と力強く打倒・青学大を宣言した。

 箱根駅伝2区で区間11位だったエースの三浦は「先輩方を支える走りをしたい。総合優勝に向かって、さらにロードに対してレベルアップできるように今年1年磨き直して、今度こそ結果でチームに貢献できるように」と雪辱を誓った。また、24年パリ五輪に向けては「世界陸上やほかの国際大会に挑戦できる部分があればしていきたい」と意気込んでいた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請