【大学野球】 プロ注目の立大・山田健太が始動  大阪桐蔭の同期M藤原、D根尾の激励に奮い立つ

スポーツ報知
首位打者を目標に掲げた立大の山田(カメラ・浜木 俊介)

 東京六大学リーグの立大が12日、埼玉・新座市の同校グラウンドで始動した。新主将で今秋ドラフト候補の山田健太内野手(3年=大阪桐蔭)は「リーグ戦優勝と日本一。個人としては首位打者を取りたい」と目標を掲げた。

 山田は、リーグで現役最多の62安打を放っている。「100安打まで38本。高い壁ですが、クリア出来たら自信になると思います」。安打数へのこだわりを口にし、自身を奮い立たせた。

 大阪桐蔭で、3度の全国制覇を経験。同期では、藤原(ロッテ)、根尾(中日)、柿木(日本ハム)、横川(巨人)が、高校から直接プロ入りを果たした。「4年後に、絶対同じ舞台で戦いたいと思ってきました」と山田。年末に母校で旧交を温めた際、藤原と根尾から「健太も一緒の舞台でやろう」と励まされたという。

 現在は、最大の武器であるバッティングを磨くため、下半身の強化に取り組んでいる。「調子が悪くなると、上半身にばかり力が入ってしまう。3年間の経験で下半身の大切さを学んだので、ウェートトレーニングや走り込みをしています」。プロへの道も土台作りから。東京六大学リーグで屈指の強打者の、さらなる成長が楽しみだ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請