シバター、RIZIN榊原信行CEOの「処分なし」発言に歓喜「校長先生が許してくれた」

スポーツ報知
シバター

 昨年大みそか、さいたまスーパーアリーナで行われた「RIZIN.33」での八百長疑惑問題の渦中にいる人気ユーチューバーでプロレスラーのシバター(フリー)が12日、自身のインスタグラムを更新。11日にYouTubeで会見し、今回の問題について処分なしの方針を明らかにしたRIZINの榊原信行CEOの姿勢に歓喜した。

 榊原氏はシバターと元K―1WORLD GP初代ウェルター級王座の久保優太(PURGE TOKYO/BRAVE)との一戦について、「RIZINの6年の歴史で八百長なんて1試合もない。命をかけて約束してもいい。ありえない。100%全部、リアルファイトである」と明言した上で「我々が選手管理を徹底させるべきだったと反省すべき点はある。なので誰かに罰を与えるっていう話でもなく、彼らを処分する考えは全くない。我々として彼らを受け入れた以上、切り捨てるとか一方的に彼らに責任を押しつけて事が収まることではないと考えています」と両者への処分は科さないとした。

 一夜明けたこの日、榊原氏の会見動画を添付したシバターは「校長先生が許してくれた」と、同氏を校長に例えた上で「嬉し泣き」と見られる顔文字を3つ付けて喜びを表現した。

 シバターは榊原氏の見解表明の前日の10日に自身のユーチューブチャンネルで今回の問題について釈明。「八百長とは全然、中の仕組みが違うからね。よりダーティーで問題が根深い感じになっているけど、八百長問題と今回の件は全く関係ない」と主張した上で「連絡を取ろうと思えば、メールがあるんだから取れる。どこまでライジンとかが規制するのか、携帯取り上げるのか、SNSを取り上げるのか、その線引きは難しい。どこからセーフで、どこからがアウトなのか」などと問題提起していた。

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請