都道府県対抗男子駅伝が中止…青学大の箱根駅伝Vメンバーや箱根駅伝欠場の東洋大・石田洸介らが出場予定も

コロナの影響で昨年に続き中止になった全国都道府県対抗男子駅伝(写真は2020年大会の第1中継所で、たすきを受けて駆け出す第2区のランナーたち)
コロナの影響で昨年に続き中止になった全国都道府県対抗男子駅伝(写真は2020年大会の第1中継所で、たすきを受けて駆け出す第2区のランナーたち)

 日本陸上競技連盟は12日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、23日に広島市などで開催予定だった全国都道府県対抗男子駅伝(7区間48キロ)を中止することを発表した。昨年に続き、2年連続で中止となった。

 一般(社会人、大学生)が2区間、高校生が3区間、中学生が2区間の計7区間48キロで争われる駅伝は、日本のトップランナーと、日本のトップランナーを目指す中高生がタスキをつなぐことで、多くの選手の目標になっていた。第98回箱根駅伝(2、3日)で完全優勝を果たした青学大のVメンバーや、箱根駅伝では出番がなかった東洋大のスーパールーキー石田洸介らも出場予定だった。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請