「青森山田を倒せるチームに…」 兵庫準Vの通信制校・相生学院、淡路島から目指す高校サッカー王者の座

相生学院の日高光揮(左)と白倉琉聖
相生学院の日高光揮(左)と白倉琉聖

 第100回全国高校サッカー選手権は青森山田が圧倒的な強さで優勝し、高校総体と高円宮杯U―18プレミアリーグEASTに続く3冠を達成。高校選手権では4年連続で決勝に進出するなど、文字通り高校サッカーをけん引する存在となっている。その座を虎視たんたんと狙うのが、活動3年ながら昨秋の選手権兵庫県大会で準優勝した通信制の私立校・相生学院だ。

 「青森山田を倒せるようなチームに仕上げていきたいという野心が出てきました」。淡路島を拠点に「プロサッカー選手の育成」と「全国制覇」を掲げる同部のプロジェクトを2019年に旗揚げした上船利徳総監督は燃えていた。

 環境は整っている。練習は2002年日韓W杯でイングランド代表のキャンプ地にもなった淡路市の佐野運動公園を使用。練習試合は大学やJリーグの下部組織などレベルの高い相手と行い、プレーの“基準”を高める。昨年6月にはアーセナルで15年間GKコーチを務めた元アイルランド代表GKジェリー・ペイトン氏を監督に招へい。指揮官も寮で生活をしており、選手は世界レベルの指導を24時間受けることができる。さらに授業は通信制のため時間に縛られることがなく、全体練習の後には好きなだけ自主練習を行うことも可能だ。

相生学院の寮内に掲げられるスローガン
相生学院の寮内に掲げられるスローガン

 日本では珍しい文化もある。「残りの高校生活では、後輩に基準を教えていく。3年間の経験を伝えていってそれが伝統になってくれれば」。プロジェクト1期生であるMF白倉琉聖主将(3年)は、現在も練習に参加している。他の3年生も同様で、相生学院サッカー部には引退という概念がない。卒業後の進路はドイツのプロU―19チームや国内の大学など様々。後輩に練習の強度や技術の正確性などの基準を伝えながら、次のステージへの準備を進めている。

 「引退」ではないものの、J3讃岐で既にプロデビューしているFW福井悠人や、J1クラブが関心を示したというMF日高光揮(ともに3年)らチームを支えてきた1期生は、これからの公式戦には出られない。しかし、後輩たちには楽しみなタレントがそろっている。GK西野立晟はジェリー監督が「高校サッカーNO1のGKになってくれることを期待している」と絶大な信頼を寄せる存在。滝川二との県決勝では好セーブを連発し、失点はPKによる1点に抑えた。FW村越優太(ともに2年)も昨年から主力で、同準決勝の芦屋学園戦では先制点をマーク。フィジカルの強さが武器の新エース候補だ。

 さらに4月には、Jリーグのジュニアユースや全国大会出場チームなど全国各地から4期生として25人が入学予定。「次の1年生はいいですよ」と上船総監督も太鼓判を押す。現在の主力と新戦力が競争する中で新たな化学反応が生まれるかもしれない。

寮内に掲げられる言葉
寮内に掲げられる言葉

 元プロ選手や会社の社長の講義を聞く「セミナー教育」や、淡路島特産のタマネギ収穫を手伝う「地域貢献活動」など人間的な部分の育成にも力を入れている。上船総監督は「青森山田は全国の決勝で4―0で勝った。間違いなくNO1で、リスペクトしている。簡単なことではないが青森山田を圧倒することを目指さなければ意味がない」と、淡路島から日本一の高校生チームを作り上げる構えだ。

 青森山田サッカー部は1970年創部。全国選手権初出場は91年度で、初優勝は2016年度大会だった。創部から初出場まで21年、初出場から優勝までに26年を要している。わずか3年で全国の舞台が狙えるところまで成長した相生学院が、日本の高校サッカーをけん引する存在になるのもそう遠くはないのではないかと期待している。(記者コラム・南 樹広)

 ◇相生学院 2008年設立の兵庫県相生市にある私立の通信制高校。加古川市、姫路市などにも校舎を持つ。サッカー部の創部は2012年。本格的な始動は「神村学園淡路」の選手を受け入れた20年から(神村学園淡路は19年から活動していたため現チームの活動は19年から)。淡路市の寮で生活しながら通信制の授業のほか地域貢献活動、セミナー教育にも力を入れている。現在の部員は計34人(3年12人、2年21人、1年1人)。来年度入学予定は25人。

相生学院の日高光揮(左)と白倉琉聖
相生学院の寮内に掲げられるスローガン
寮内に掲げられる言葉
すべての写真を見る 3枚

コラムでHo!とは?
 スポーツ報知のwebサイト限定コラムです。最前線で取材する記者が、紙面では書き切れなかった裏話や、今話題となっている旬な出来事を深く掘り下げてお届けします。皆さんを「ほーっ!」とうならせるようなコラムを目指して日々配信しますので、どうぞお楽しみください。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請