ノア、DDT、東京女子など合同興行「サイバーフェス」開催…6月12日にさいたまスーパーアリーナで

スポーツ報知
合同興行を発表した高木社長(左から3人目)

 プロレスリング・ノア、DDTなどを運営する「サイバーファイト」が11日、都内で記者会見を開き、6月12日にさいたまスーパーアリーナ・メインアリーナで、DDTプロレスリング、プロレスリング・ノア、東京女子プロレス、ガンバレ☆プロレスの傘下4団体による合同興行「CyberFight Festival 2022」を開催することを発表した。

 合同興行は昨年6月6日、同所での大会に続き、2年連続。大会は動画配信サービス「WRESTLE UNIVERSE」で独占生配信される。会見で高木三四郎社長は、2年連続の開催に「もともと音楽フェスなんかはいろんなアーティスト、タレントの魅力を伝える場という意味合いだったんですけど。サイバーファイトフェスはサイバーファイトが運営している4団体の魅力が全面に出た大会だったと思うんです。WRESTLE UNIVERSEで独占生配信させてもらったんですけど、過去一番のリアクションがあったので、もっと世間にプロレスの魅力、我々のもってる魅力を伝えていくために開催するべきじゃないかと思いまして、今回の開催に至りました」と経緯を説明した。

 丸藤正道副社長は「昨年のフェスでは各団体の色を出しつつ、イデオロギー的な部分の闘争もあり、フェスにふさわしい大会になったと思うんです。そこから何かしらの交流、その他いろいろあるかなと思いつつも、この1年は各団体それぞれが力をつけてきたと思うので、次のフェスではその部分のさらなる成長を見せ合うことになると思います。各団体が一つの大会を盛り上げるという部分で、昨年よりさらにおもしろいものになると思います」と明かしていた。

 大会の内容を高木社長は「現段階で内容に関しては全然詰まってないところがありまして。それぞれの団体の動きもあると思うので、そういったものを見ながら。前回の反省点はあまりなくて、いい意味でそれぞれの団体の特色を伝えられればいいんじゃないかと思ってます。今年はそれをより世間、世界中に広げていきたい。海外に向けてもっと発信していきたいと思っています」とコメントしていた。

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請