【ALL巨人】横川凱が超速仕上げを宣言 支配下登録&開幕1軍へ「しっかりアピールしたい」

スポーツ報知
キャッチボールをする横川凱

 巨人の育成・横川凱投手(21)が支配下登録&開幕1軍へ向けて“超速仕上げ”を宣言した。昨季は1軍に昇格し、2試合に登板するもプロ初勝利はつかめず。今季は育成選手となるが、早期の支配下昇格へ「今年はキャンプで準備するのではなく完成形で臨んで、100%の状態でしっかりアピールしたい」と決意を口にした。

 今オフは同級生の戸郷とともに、「TEAM TOGO」の一員として宮崎で鍛錬を積んでいる。「戸郷自身もそうですけど、成績も尊敬できる。投げることにおいて参考になる部分が多いので」と意図を説明。球速アップも見据えており、150キロを超える直球を投げ込む戸郷から「参考になる部分が多いので、少しでも吸収できれば」とさらなる飛躍を誓った。

 昨年、球団が契約したボディービル日本選手権9連覇の鈴木雅氏(41)も今自主トレに帯同。ただ体を大きくするためではなく、「野球につながるトレーニングメニューを教えてくださるので、すごくタメになっています」。体幹や体のバランスを重視した細かいトレーニングや、自身の体重を利用して筋力を強化する方法など、さまざまなトレーニングを教わっている。

 年末は地元に帰省。母校・大阪桐蔭高のグラウンドを訪れた際はロッテ・藤原、中日・根尾ら、高校時代ともに汗を流した同級生たちと再会。野球の話しはそこまでしなかったが、「みんなの活躍には刺激を受けています。負けたくないという気持ちはずっと変わらないです。自分が1番活躍したい、そこは絶対ですね」と横川。支配下復帰と目標のプロ初勝利へ、勝負の4年目に挑む。(灰原 万由)

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請