沖縄キャンプは予定通り有観客へ ワクチンとPCR陰性証明ダブル提コロナコロナ対策連絡会議

スポーツ報知
サンマリンスタジアム

 プロ野球の斉藤惇コミッショナー(82)は11日、2月の春季キャンプを予定通り有観客で実施する方針を示した。9球団がキャンプを張る沖縄県内はオミクロン株による感染拡大で今月末が期限の「まん延防止等重点措置」が適用されているが、Jリーグとの新型コロナウイルス対策連絡会議後、「大声を出さない、2万人以下という条件で有観客でキャンプ、練習を開催する位置づけ」と説明した。

 その後、行われた12球団代表者会議では「有観客」での感染対策などが話し合われた。「ワクチン検査パッケージ」の運用方法として、これまでのワクチン接種証明、または検査陰性証明ではなく、両方の提出を求めることや、選手、球団関係者のPCR検査の頻度を週1回から2回に増やすこと、また発症者、発症疑いの者の隔離方法など、より対策を強化していくことが検討された。

 NPBでは連日、沖縄県とも連絡を取り合っており現時点で有観客から変更の要請は受けていない。斉藤コミッショナーは「よほどのことがない限りその条件で進行するだろうと思っております」。今後、状況が悪化し政府、自治体の方針が変わらない限り、2年ぶりの有観客開催のための準備を進めていく。(岸 慎也)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×