17歳河辺愛菜、初の五輪で会いたい選手は…「カーリングの、モグモグタイムをしている方たち」  

スポーツ報知
練習する北京五輪フィギュア女子日本代表の河辺愛菜(代表撮影)

  フィギュアスケート女子で北京五輪代表の河辺愛菜(木下グループ)が11日、京都・宇治市内で練習を公開した。約1時間半、武器のトリプルアクセル(3回転半)やバレエのコーチの指導のもと、ステップ・スピンも入念に確認した。

 昨年12月の全日本選手権で3位に入り、17歳でつかんだ初の五輪切符。河辺は「学校に昨日行ったんですけど、すごいみんな応援してくれたりとか。改めて、オリンピックに行くんだという実感がわきました」とはにかんだ。練習後には、木下アカデミーの生徒からメッセージ入りの横断幕ももらい「書いていることを知らなかったので、ビックリした。すごいうれしいです」と語った。

 五輪が決まった瞬間は、不安しかなかったと明かした河辺。ただ今は、「楽しみっていう気持ちの方が大きいです。選手村の様子とかリンクの写真を見て、すごいワクワク感とか。早く行きたいなって」と心を躍らせた。選手村で会いたい日本代表選手を問われると「カーリングの、モグモグタイムをしている方たち。テレビでいつも見ているのですごい会いたい」と、女子カーリング代表のロコ・ソラーレのメンバーを挙げた。

 北京五輪まで1か月を切った。「ジャンプも頑張るけど、表現の部分とか、ステップも一番力を入れている。前の五輪のフィギュアの映像とか見て、自分もここですべれるんだっていう、うれしい気持ちでいっぱい」と、初の夢舞台を見据えた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×