【中日】ダヤン・ビシエドが来日 立浪新監督は本塁打量産に期待

スポーツ報知
ダヤン・ビシエド

 中日は11日、ダヤン・ビシエド内野手が来日したと発表した。今後は政府指定の隔離期間が終了後、チームに合流する予定。順調なら2月1日の沖縄・北谷キャンプ初日から体を動かせる見込みだ。

 来日7年目となるビシエドは昨季、打率2割7分5厘、17本塁打、70打点。立浪和義新監督は4番を任せる方針だが、シーズン30、40発を期待できるスラッガーに生まれ変わることに期待を寄せている。

 「彼が変わればチームも変わる。息子が(少年野球の)ドラゴンズジュニアで有望で、バックスイングをしっかり取って打っている。米国へ帰っても一緒にスイングして「パパを頼むよ』と」と話していた指揮官。今季の4番爆発に注目が集まる。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×