【阪神】藤浪晋太郎が巨人・菅野との合同自主トレで復活期す「勝負の年。先発を勝ち取らないと」

スポーツ報知
キャッチボールをする藤浪晋太郎(後方は中川皓太)

 阪神の藤浪晋太郎投手が11日、自主トレ後にオンライン取材に応じた。

 年明けから沖縄・宮古島での巨人・菅野らの合同トレに参加。「自分が是非お願いできたらなという形で菅野さんにお願いしました」と志願したことを明かし、「やっぱり技術的なところの習得といいますか、再現性を高めたりとか、そういうところに重点を置いてやっていきたいと思っています」と意気込んだ。

 昨季は自身初の開幕投手を務めたものの、安定した結果を残せず、シーズン終盤はリリーフに配置転換。21試合に登板し、3勝3敗、防御率5・21に終わった。それだけに、今季にかける思いは強い。「勝負の年だと思いますし、先発を奪い取って勝ち取らないといけない年だと思う。2ケタ(勝利)とやっぱりイニングはしっかり投げたいですね。自分の売りはタフネス、スタミナだと思うので、やっぱりその辺を160回、170回と投げられるようにしたいと思います」と決意をにじませた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×