新成人・小林脩斗騎手の誓い デビュー3年目の「目標は40勝以上」

スポーツ報知
新成人の小林脩斗騎手

 1月10日は成人の日。美浦所属の騎手で2022年に新成人(2001年4月2日~2002年4月1日生まれ)となるのは秋山稔樹、小林脩斗の両騎手だ。

 小林脩斗騎手=奥平雅士厩舎=はデビューした20年に5勝。昨年は17勝と2年目で勝利数を2倍以上に伸ばしたが、「自分としては不満が残る結果です」と話す。勝ち星増産を目指し、昨年から筋力強化や体幹のトレーニングに着手。ストイックな努力を続けているが、まだ20歳の若者で、同年代は学生生活を謳歌(おうか)している、それでも「大学で馬術をしていたり、ロードバイクなどの他のスポーツをしている友だちもいます。アスリート同士だし、話すといい刺激になりますね」と、励まし合う仲だという。

 さらに「僕が騎手になったことで競馬に興味を持った友だちもいるんですよ。勝つと『おめでとう』とか、連絡をくれます」と、うれしそうに話す。「みんな、馬券を買えるようになるんですよね。『ほどほどにね』と言いたいです」と、茶目っ気たっぷりな、若者らしい笑みを見せた。

 5日に始まった22年の中山開催では10日までに計19鞍に騎乗。勝利は挙げられなかったが、8日7Rのマリーアミノルで2着、10日4Rのアレクサンドラで3着と、まずまずの滑り出しとなった。今年の目標は2年目からさらに倍増以上の40勝。「デビュー3年目は正念場ですからね。いい結果を残したい」と、新成人にふさわしい大きな野望を掲げ、新たなシーズンを迎えた。(中央競馬担当・志賀 浩子)

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請